Villageサーフスクールのコンセプト

Villageサーフィンスクール

Villageサーフスクールでは、サーフィンをもっと楽しみたいという方に向けたサーフィンを楽しむためのプログラムを各種用意しています。

Villageサーフスクール 店長の佐藤です。

私は小さいころから海の近くで育ち、14歳の時にスケートボードをはじめ18歳でサーフィンに転向しました。

大会などにも頻繁に出場して、22歳でサーフショップのライダーとしてサーフィンをして、30歳でサーフショップを開業しました。

そのサーフショップも”物を売る”という事が基本になりすぎて、本当に良いものを提供しているのか?と疑問になり一度は閉店。

そこでサーフィンを楽しむ方たちに”サーフィンをもっと楽しんでもらう”という最高の商品を提供しようと思いもう一度サーフィン業界に舞い戻って来ました。

Villageサーフスクールというサーフィンスクール専門店として、サーフボードやウエットスーツを売らない形で営業しています。

ボードやウエットスーツは色々なものを試してもらいたい、本当に良いものは自分で見つけるものだと思っていますので、特定のブランドのボードのみ扱うというような販売形態は取りません。

物販が無い分サーフィンを上達するためのノウハウに嘘偽りは無くレクチャーに集中できるため”最高のレクチャー”を目指して日々努力しています。

当サーフィンスクールでは、各レベルのサーファーさんに向けて最短で上達して頂き、人生最高の趣味として”サーフィン”(波に乗るスポーツ全般)を楽しんでいただくために必要なノウハウを提供できればと思い運営しています。

私自身サーフィン歴30年近くにわたりサーフィンを色々と学んで来ました。

その学んできたノウハウを元に20年以上に渡ってサーフィンを教えてきた経験も有ります。

各レベルのサーファーさんに合わせて”最適”なレクチャーをして、”最短”で上達してもらう事をモットーにレッスンをしていきたいと思います。

今日からサーフィンを始める方から、プロサーファーまでどんなサーファーさんにも対応できるよう、お客様と共に成長出来ればと思っています。

 

Villageサーフスクール 店長 佐藤 敦仁

 

Villageサーフィンスクール

サーフィン上達したいすべての方へ。