テイクオフ

 

それは

 

サーフィンをするうえで通らなければいけないテクニックです。

 

 

初心者の頃はテイクオフで悩む方が多いですが

私が教えてきた方で、2級レベルの方でもテイクオフを改善することでライディングに磨きがかかって上達する方も多いんです。

 

考え方としては

テイクオフ=サーフィンのスタート

だという事を忘れてはいけません。

 

 

テイクオフはサーフィンのスタート地点

初心者サーファーの方にこんなことを言うと厳しかと思われるかもしれませんが

 

テイクオフ出来なければサーフィンはスタートできません

 

サーフィンというスポーツを楽しみたいのであれば(趣味だとしても)テイクオフが正しくできないと、ボードの上に立って波の斜面をすべる爽快感は味わえません!

 

という事は立てないと始まらないという事です。

 

テイクオフで板の上に立てれば良いのか?

と私は思うんですよ。

 

数千人にアドバイスしてきていますが

 

皆さんに聞くんですよ。

 

『皆さんは何を目標としていますか?』

『本当にサーフィンでやりたいことは何ですか?』

 

 

と聞くと、

結構な確率で

 

『かっこいいオフザリップがしたい!』

『エアーがしたい!』

『カットバックでつなげながらスムーズに波を滑りたい!』

 

そんな目標を持っていらっしゃる方が!

 

どうですか?

もう一度目をつぶって自分が思い描いていた”サーフィン”というものを考えてみてください。

 

 

こんな感じか?

ただ立てれば良いですか?

 

ボードの上に立てれば?

 

もしそれで満足しないのであれば

しっかり

 

ライディングに繋がるテイクオフ

 

をする必要があります。

 

それも初心者のうちからしっかり意識して!

 

テイクオフでやってはいけない3つの事

 

そこで私が教えている中で

大事なことが

 

テイクオフでやっていい事と

 

テイクオフでやってはいけない事

 

がありますが

 

今回はサーフィン初心者の方がやってはいけない

3つのことをお伝えします。

 

理由については後日会員サイトを見てみてくださいね。

 

1、波を見ないで漕ぐ

波が来て、波を追いかけながら必死で漕ぎます。

足の後ろ辺りに波が来たら急に目線は波のボトムに!

波から目を離したらアウトです!

波はキャッチするものです。

例えば、ボールを投げられてキャッチしなければいけないのに、

ボールから目を離したら取れますか?

 

サーフィンでも同じことが言えます。

 

 

2、顎をボードにつける

これも多いですね。

これは1番の見ないという事にもつながる行動です。

 

顎をつけると前荷重になってしまいます。

 

前荷重では波は取れません。

私が言っている水平テイクオフが一番波のキャッチが早いのは言うまでも無いと思います。

 

板を水平に保つためには、いろいろな要素もありますが

とにかく初心者の方が”板に顎をつける”という行為をすると水平感は崩れます。

 

これは今すぐやめましょう!

 

3、バタ足

え?だめなの?

これも?

 

と思う方が多いんですねこれは。

 

バタ足といっても

 

上級者のバタ足

一般の方のバタ足

 

これ違うんですよ。

 

 

詳しくはかくと長くなるので省略しますが

逆にやると遅くなるよ

とだけ伝えておきます。

 

 

上級者の場合はやると早くなるけど

一般の方がやると遅くなっていますね。

 

これは音の違いでも出ますよ。

 

上級者のバタ足の音と

一般の方のバタ足の音(特に乗れなかった場合)と

比較してみてください。

 

よ~く耳を澄ませて聞いてみてください。

 

 

近くにバタ足して乗る方が居たらチャンス!

 

音だけで分かりますよ。

 

 

この3点は初心者の方は

 

どちらかというと

 

『やった方が良い』

 

とされている部分でもあるかと思います。

 

全てにおいて

 

初心者の方(一般の方)と

上級者の方のやり方は違います。

 

私からすると

初心者の方にはまずやってほしい事

というのがあります。

 

あ、言い間違えました。

 

上達したい方にはやってほしい事

 

ですね。

 

 

そのためには

 

まずこの3つをやらないことが重要なんです。

 

ウソだと思うなら

私のテイクオフを見てください。

 

↑チャンネル登録もよろしくお願いします

 

 

もしくは

本当の上級者の方のテイクオフを見てみてください。

※YouTubeなどでプロのライディングはいくらでもありますので。

 

 

テイクオフ下手な上級者っていないんですよ。

 

プロの中でも上手いヘタはありますが、

テイクオフがヘタな上級者は居ませんよ。

 

 

サーフィンが上手いからテイクオフが上手いのではなく

 

テイクオフが上手いからサーフィンが上手いんです。

 

ココだけは間違えないでくださいね。

 

★★追伸★★

テイクオフやライディングに関して

毎週メルマガと、会員サイトが見れる無料会員募集中です。

 

ご登録はメールアドレスのみ!

↓登録はこちらから