足を閉じてサーフボードに乗っているのにパドルが進まない方は

 ストロークを修正する前に確認するポイントがあります。 

 パドリングの効率を高めるには、 

 サーフボードと体が一体になっていることが重要です。 

 そのためには、おへそ一点ではなく 

 あばら骨の下部やヒザも使ってボードを押さえる必要があります。 

 どうして、おへそだけでなくあばら骨やヒザも使ってボードを押さえなければいけないかというと 

 水をかく動作で生み出す「推進力を最大限ボードに伝える」ためには 

 ボードと体の間にブレがあってはいけないからです。 

 また、波をキャッチする際に、テールを押し上げてくる波のパワーを 

前に出る力に変換するためにもヒザがボードについている必要があります。 

1点でバランスをとるということは、 

 指先にボールを乗せてバランスをとっているようなものです。 

2点より3点、3点より4点で押さえた方が確実に安定します。 

 試しに、机をサーフボード、手を体に見立てて 

指1本~4本まで何本使った時が一番ブレが出ないかやってみて下さい。 

 それがわかれば、腰を反っておへそ1点でボードに乗ろうとは思わないはずです。 

 腹ばいの姿勢は家でも練習できます。 

 あばら骨の下部とヒザの4点でボードに乗る姿勢を家で練習して 

 次回、海に行ったときにおへそ1点になっていないか確認してみてみましょう。

こちらの動画も参考にやってみて下さい。

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP