どうも!

翔太朗です!

今回はテイクオフで足が運びやすくなるちょっとしたコツを紹介していきます!

あなたは、テイクオフの時に

つま先が引っかかる…
足が出ない…
上手く立てない…

そんな悩みありませんか?

せっかくいい波が来たのに、上記のようなことをやってしまっていい波を台無しに…

そんな経験もあるのではないでしょうか?

今回はそんな悩みを解消するちょっとしたコツを解説します。

それは、

右手(レギュラースタンスの方の場合)の指先を外に開いてボードにつくということです。

たったコレだけです。

ではなぜこのようにすると足がスムーズに出るようになるのでしょうか?

それは、身体の仕組みが関係しています。

テイクオフの時というのは、横向きに立つことがとても重要です。

この動作をするためには、身体をひねるという動きが必要になります。

この動きをするためには、手の指を外に開き、肩甲骨を開きやすくするとやりやすくなります。

立っている状態でいいので、次の2つの動作をやってみてください。

①手のひらを内側に回すような状態で身体をひねる

②手のひらを外に回すような状態で身体をひねる

どちらがやりやすかったでしょうか?

おそらく②の方が圧倒的にやりやすかったと思います。

 

つまり、テイクオフの時も手の指が外に向くように開いて手を付くと

身体がひねりやすくなり、結果的に足もスムーズに入るようになるということです。

ちょっとしたことですが、効果抜群なのでぜひやってみてくださいね!

サーフィン上達したいならVSC-TV!!

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP