どうも翔太朗です!

皆さん練習の調子はどうですか??

今回はパドリングがラクに進むようになるちょっとしたコツを解説していきます!

あなたは、こんな悩みありませんか?

一生懸命漕いでいるのに進んでいる気がしない…
疲れるばかりで全然進まない…
肩や首がすぐに痛くなってしまう…
友達にパドルが遅いって言われた…

上記のような悩みがあると、せっかくの楽しいサーフィンも楽しさが半減してしまうかもしれませんね。

もしこういった悩みがあるならば、今回の記事を参考にしていただけるとかなり改善してきます。

何故なら、今回紹介していくコツは実際に何百名の方に試していただき、実際に効果のあったコツだからです。

ぜひ記事を最後まで読んで参考にしてくださいね!

それでは早速そのコツを紹介していきます。

それは、、、

肩から後ろをしっかりと漕ぐ

ということです。

どういうこと?と思われるかもしれませんので解説していきます。

上記にあげたような

パドリングが進まない、疲れるなどの悩みがある方に多いパターンというのが

肩から前を腕を回すように漕いでしまっているパターンです。

この画像の赤のラインが手の通る道筋です。

このような漕ぎ方をしてしまうと腕の筋肉しか使えないので効率が悪く疲れやすく進まないということに陥ってしまいます。

では、肩から後ろを漕ぐとはどういうことか??

この画像のような感じで、肩から後ろが長くなるように漕いでいくということです。

このように漕いでいただくと、自然と大きな筋肉も使いやすくなるので、パドリングが疲れず速くなります。

ぜひ海で試してみてくださいね!

詳しくはこちらの動画もご覧ください!

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP