翔太朗です!

今回はパドリングが

すぐに疲れてしまう…
なかなか進まない…

そんなあなたのためのちょっとしたコツを紹介します!

少し意識するだけでかなり疲れにくくなったり、進むようになるのでぜひ試してくださいね!

なぜ進まないのか?すぐに疲れるのか?

まずはパドリングがすぐに疲れる、進まない原因は

何なのかということを解説します。

原因はたくさんあるのですが、その中の一つに

身体の大きな部分を使って漕げていない

という原因があります。

パドリングの時に使う大きな筋肉とは

背中や腹筋などの体幹の部分です。

ここが使えていなくて腕などの末端の部分で

漕ごうとしていると進まないし疲れるということになります。

 

どうやったら大きい筋肉で漕げる?

ではどうやったら大きい筋肉を使って漕げるのでしょうか。

これが今回教える簡単なコツです。

1番最初に背中の大きい筋肉を動かしてください。

 

腕で漕いでしまう人は、1番最初に手首を返したりして

前腕や指先に力が入っています。

1番最初にこの部分に力が入ると

そこからずっと大きい筋肉が使えなくなってしまいます。

 

なので1番最初に背中の大きな筋肉を

動かすように意識してしてください。

 

 

ただこれは、普段からこの筋肉を動かす練習をしていないと

海ではいきなりできないと思います。

なので普段から少しづつでもこの筋肉を動かす練習をしてみてください。

具体的な方法についてはこちらの動画で解説しているので

ぜひ参考にしてくださいね!

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP