サーフボードに乗る位置がわかったら次に確認したいのが 、

足を閉じた状態でボードに乗れているかということです。 

腹ばいでサーフボードに乗るときは、足を閉じなければいけません。 

なぜ、足を開いてはいけないかというと

足を開いて、開いた足が海面を引きずると推進力の妨げになってしまいますし、バランスもとりづらくなります。

プロやパドルの早いサーファーは足を閉じていて、 

初心者の方は足を開く傾向があります 。

足を開かないことを癖づけるために、足を組んでパドリングができるように練習してみましょう

足を開くということは、抵抗になるということもありますが、 

ボードをヒザで押さえることができないという欠点があります。 

ヒザだけでボードを押さえるわけではなく、あばら骨の下部とヒザに意識して4点でボードを押さえる意識が大切なのですが

足がボードの外に開いてしまっている時点で、ボードをしっかり押さえることはできません。

これはあとあとパドリングや波キャッチなどいろんなところで影響が出てきます。 

まずは、足を閉じた状態で腹ばいになってパドリングができるか確認してみて下さい。 

スマホでもなんでもいいので、一度撮影して確認してみると気づくことがたくさんあります。 

最初は動画を撮ることに抵抗があるかもしれませんが、 

すぐに慣れますのでぜひ試してみて下さい 。

こちらの動画も参考に練習をしてみてください。

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP