サーフィン上達したいですか?

これは永遠のテーマですね。

 

あのケリースレーターだって、まだまだ上達したいでしょうね。

いや、一般人からすると(私もプロの選手ではないので一般です)

 

”あれ以上うまくなる余地があるのか?”

 

なんて思うかもしれません。

 

おそらくコレは誰でも同じで、

 

”やれればやれているほど、経験値から更に上のテクニックが創造できる”

コレは間違いありません。

 

創造です。

 

私達一般人は

想像です。

 

似ているようで全然違います。

 

一般人は想像する

私達の立場から話をすると、私達は自分よりも上手い人がいるので、自分の技量の先のテクニックは何かがわかっていますね。

 

例えば

今はテイクオフがやっとできたところ、そこから次はアップスして横に気持ちよく走りたい!

こんなイメージですね。

 

 

なので想像なんです。

こういったイメージを想像するんですね。

 

練習は底に向かっていけばいいので比較的容易です。

 

超上級者は創造?

 

対して超上級者は想像していきます。

 

過去に色々な経験をしてきた超上級者は

新しい技やテクニック、またはギアなどいろいろなものを創造していきます。

 

一般人には創造もつかないような”ひねりの入ったエアー”とか、今まで誰も考えつかなかったような新しいギアなど。

 

何しろその上がいないわけですから、真似するとかそういった想像はないんですよね。

 

でも今までの経験値から割り出した

 

【こういうこと出来るんじゃないの?】

 

という想像力が、行動し続けるモチベーションです。

 

なので、上達するということは、上達したからと言ってゴールとかそういったものはなく、

 

どんなレベルのサーファーでも

いつでも海に入るのは楽しい!

 

とそういうことなんですね。

 

 

で結論からすると

上達した先には何があるかというと、

 

更に道は続いていく

 

そういうことですね。

 

でもコレって一体なんなのか?

 

 

人間はなにか一つでもできるようになると

”楽しい”

感覚になりますよね?

 

これサーフィンてやればやるほど、経験値を重ねれば重ねるほど、その目標となる部分に行けたときに(技が決まったときなど)楽しいんですよね。

 

その楽しいという感情が、テクニックが上なら上なほど大きい。

 

でそれが

 

パドリングできたら次はテイクオフだ!

テイクオフ出来たら次はオフザリップだ!

 

なんて想像が飛んでいると

なかなか出来ない

 

それは当たり前ですね。

そうかんたんには出来ません。

 

 

ですがその間に、あれもこれも練習して…

と細かく練習項目をクリアしていくという行動を取る人は、急にテイクオフが出来なくても、急にリッピングが出来なくても

 

毎日海に入るのが楽しい

 

という結果を続けていきます。

 

そうすると勝手に上達していくし、上達するから楽しい、更に練習したくなるという好循環になります。

 

 

ちょっと難しく考えすぎかもですが、

上達すると

 

楽しい

気持ちいい

 

ということ。

これがわかるとホントサーフィンは楽しくなりますね。

 

更にはきれいなロケーションだったり

友達と一緒に行く楽しさだったり

大会で勝った負けたとか

サーフィンを中心とした生活だったり

 

まあとにかく一生の趣味となるでしょう。

 

上達すればするほど

満足度の高い

嬉しい楽しい感情が高まる!

 

素晴らしいことですね。

そんなサーフィンを教える仕事につけた私は幸せですよ!