サーフィンを始めた頃って無我夢中でテイクオフで立ちに行ってしまいます。

その結果、気づいたら膝立ちになってしまったり、正座状態になってしまい、そのまま転んでしまったりと悔しい思いも多いと思います。

今回は、このような膝立ちや星座になってしまう原因と、簡単に改善できる方法をご紹介していきます。

 

テイクオフが膝立ちや正座になってしまう原因とは?

まず膝立ちになってしまったり、正座になってしまうと結果はこのようにワイプアウトにつながり、下手をすると怪我をしてしまうこともあることを覚えておきましょう。

 

そのためには膝立ちや正座になる原因を知って、それを改善する方法を実践してみてください。

 

膝立ちや正座になる根本原因とは?

これには立ち方という、テイクオフの仕方に問題があるように思えますが、多くの場合は

【波の捕まえ方】

に原因があります。

これは初心者の方は、波を捕まえるのが遅いという原因から、波が掘れ上がってきてしまい立ち上がるのに十分な余裕がないことがあげられます。

これを回避するには、しっかりとした波のキャッチを覚える必要があります。

VSCでは水平テイクオフと呼んでいますが、この水平テイクオフを覚えると、比較的初心者の方でも余裕をもって立ち上がることが出来ます。

(水平テイクオフはVSCで一番最初に言い始めたものですが、ただ単に板が水平になるということではないのでお気を付けください。)

板が水平の状態を維持すると、波のパワーを板の浮力で受けられるので、滑り出しも早く、角度のない部分から滑り出すことが可能なので、テイクオフの動作もラクになります。

 

テイクオフ動作自体の原因

そしてテイクオフ動作自体にも原因があります。

これはテイクオフの前の段階でパドリングでは板に対して平行に体は乗っています。

これがテイクオフの後は板に対して横向きに足を置いて乗るのですが、この縦向きから横向きになる方向を変えるタイミングが違うんです。

初心者の方は立つ動作でもまだ縦に向いてしまっている方が多く、上級者は立ち上がりながら体をひねっり横を向いていきます。

この横向きに立つ動作を強く意識するだけでも、膝立ちになったり正座になりづらくなります。

特に正座になってしまう方はかなり縦に向いてしまったまま足を入れようとしているので足が詰まってしまいます。

正面を向いて前足を入れようとしてみるとわかりますが、そうなると飛び乗るしか方法はなくなります。

飛び乗るのを遅れた波キャッチで、波が掘れたところで初心者サーファーが行うのは怖く感じるのでその前に正座で座り込んでしまうというわけです。

 

サーフィンのテイクオフで膝立ちや正座にならない改善法

方法は2つあります。

1,出来るだけ早い波のキャッチを心掛ける

出来るだけ角度のない波の厚いところを追うようにしましょう。

最初は乗れないと思うかもしませんが、乗れたとしても角度のあるところで結局は膝立ちや正座になってしまい転んでしまうよりはマシです。

そのために出来ることは、しっかりと芯のあるパドリングから、波を追いかけて、波に押される感覚から掴む”素振り”が有効です。

2,強烈に横向きに立つ練習をする

次に立ち方の練習をしましょう。

家でも海に入る前の砂浜だけでも良いのでやりましょう。

やり方としては、まず腹ばいになり、その腹ばいになっている体のラインから立ち上がりで一気に90度横を向いて立つという練習をするだけです。

出来る方は立ち上がる時についた手を離さないようにしておくといいです。

イチ・二の・サンでぱっと横を向いて立てると安定感が増してきます。

サーフィンの初心者はまずはパドリングから正しく練習

VSCでは6000人以上に効果をもたらしたテイクオフのメソッドがあります。

まずはしっかり基礎から正しい知識と、実績のある練習方法で確実に上達して行ってほしいと願っています。

数あるレッスンの中でもおすすめなのは、

【テイクオフ安定化プログラム】

安定したテイクオフを完成させて、安定してライディングまで楽しめるようになるオンラインプログラムです。

オンラインプログラムとはいえ、しっかりとしたサポートで、確実にテクニックを習得できるようになっている講座です。

全く始めたばかりの方から、ライディングを安定させて級認定や大会を目指しているという方まで、脱初心者の完全バイブルという形です。

詳しい情報は下記から一度目を通してみてくださいね。

とはいえ、まずは素振りと横向き陸トレで改善できるかお試しください!

テイクオフ安定化プログラム詳細

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP