テイクオフ姿勢を変えて劇的にライディングを安定させる方法

やっと滑り出した!

立った!

転んだ…

そんな経験をするサーフィン初心者の方も多いと思います。

今回は、

『そんな経験をもうしたくない!』

『もっといっぱいライディングを楽しみたい!』

そんな方に向けてのアドバイスをしたいと思います。

 

更に詳しい足入れ法はコチラ

テイクオフの足の入れ方には簡単なコツがある

まずそのようにすぐ転んでしまうとか、足入れ自体に悩んでいる方にはある傾向があります。

それは…

 

縦向きに立ってしまう

 

という傾向です。

これはどういうことかというと

サーフィンとは基本的にこのように横向きに立って走るのですが

 

このように体と膝が前を向いた状態で、ボードと同じ方向を向いて立ってしまうという初心者の方が多いんです。

このボードと同じ方向を向いて立とうとしてしまう傾向をVSCでは

【縦向きのテイクオフ】

と呼んでいます。

この縦向きのテイクオフをすると、初心者の方には足が入れやすいと思うかもですが、実際は脚をコンパクトにたたむことが出来ず、足入れで引っかかったりというデメリットもありますし、

立った後安定しない

という大きなデメリットにつながります。

 

実際の上級者の立ち方は?

実際上級者はこのような形です

顔や肩の向きもそうなのですが、膝の向きが全然違いますね。

上級者は、テイクオフ時点から、ライディングの形を再現していく動きをしているというわけなんです。

足がついた瞬間にライディング姿勢になるのですから、テイクオフ直後から安定するというのは当然ですし、すぐさまファーストターンを入れて波の奥からでも走ってくるのは当然ですね。

 

誰でも簡単にテイクオフ後安定する方法

そこで今回は、誰でも簡単にテイクオフ後に安定する足の正しい入れ方をお伝えします。

まず動画内でお伝えしている、ダメな立ち方と正しい立ち方をご覧ください。

コチラはダメな立ち方です

このように頭、目線、肩の向き、そして膝の向き

すべてが”パドリング時と同じ方向”を向いてしまっています。

 

これは私や上級者がやっている安定する立ち方です。

顔の向き、視線、肩の向き、そして膝の向きがこれから行こうとする波のフェイスの方向を向いています。

左:ダメな立ち方  右:上級者

この違いは明らかですね。

まずはこの違いがあるということを覚えていただけると改善の糸口が見えてきます。

 

ポイントは前足の膝

この上級者と安定しない人の立ち方のポイントは

前足の膝の向きです。

冒頭でもお見せした初心者の方の立ち方は、明らかに前足の膝が正面を向いてしまっていますね。

当然視線や肩なども影響はするのですが、いくつも意識して立つことは難しいので、どこを意識するかというと膝の向きを意識することが一番手っ取り早くテイクオフを安定させることが出来ます。

まず海で膝の向きを意識しようとせずに、陸でしっかり練習をしてから向かうといいですね。

陸で練習する際のポイントですが、膝の向きをテイクオフ時に板の向きと真横に向ける意識で行ってください。

この指を向けている方向です。

腹這いの時点で方向を確認して、立ち上がりに行きながら膝をこっちに向ける意識でいきましょう!

そして足を入れる前の段階です。

プッシュアップの形でこれを意識していきましょう。

顔の向きや肩の向きも真似してみてください。

単純にここから膝を先ほど指を向けた方向へ向けるように立ち上がりに行けばいいわけです。

途中経過ですがこのような形ですね。

ここまでくるとほぼ足は入ってきているので、これであとはライディングをすればいいだけです。

こうするとテイクオフから自然にライディングに移れますので、立つ動作を行った後にどうライディングすればいいのか?など考えなくても良いのです。

自分がどうなっているのか?

そしてもっとサーフィンを楽しみたい!と思っているのであれば、このテイクオフなどの動きもそうなのですが、パドリングや波のキャッチも含めて、ご自分の動きが実際にどうなっているのか?というのを把握することが一番大事ですね。

例えばこのテイクオフの膝の動きでも、

『膝を横向けいているつもりだ』

という方は非常に多いです。

ですが実際にレッスンなどで見てみると、縦に立ってしまっているという方も少なくありません。

VSCのレッスンでは

【どうやっているか?】

は重要ではなく

【どうなっているか?】

に注目すべきだというのは常に教えています。

この膝の向きや視線なども含めて、まずはご自分の現状を確認して、その現状に合わせた練習を行うことが、今後の皆さんのサーフィンの質を上げて、もっとサーフィンを楽しくさせる最大のコツとなります。

この立ち方自体は難しいことは何もありません。

VSCでも20代の方から60代のかたまですべての方が行える陸トレの方法もあります。

ただ単に、意識して練習ができるかどうか?なのです。

現状を把握して今の自分のサーフィンをもっと簡単に変えて、誰でも出来るライディングの安定感を手にしてサーフィンを楽しみたいのであれば是非意識してみてくださいね。

続きは動画で

 

 

更にこの続編はVS-TVで公開しています。

『たったこれだけでサーフィンが楽になる足運びのコツ』

VSC-TVではYouTubeでは公開しない特別な練習方法などが満載!

ぜひインストールしてご覧ください。

 

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP
テイクオフの膝の向きを変えてサーフィンを変えよう