なかなか海にけないけど、サーフィンに行ったときはしっかりサーフィンを楽しみたい!

そう思う方も少なくないはず。

『海に行く頻度が低いからなかなか上手くならず、上手くなれないから楽しめない…』

『もっと上手くなれれば週一でもいっぱい乗れて楽しめるのに!』

こんな風に思ったことがある方や、現在このように思っている方には参考になるお話です。

サーフィン上達に必要な要素とは?

皆さんはサーフィンの上達には何が必要だと思いますか?

自分でもこれがあれば上達するのにな~なんて思ったことは有りませんか?

 

その答えは…

何千人も見て来たVSCのトップコーチであるショウタローコーチの見解はズバリ

【身体能力】

これが非常に重要だということです。

そしてこの身体能力とは何かというと

【自分の体を構造通りに動かせること】

と言っています。

これは例えば、パドリングやテイクオフ時のアドバイスとして、体の動きをアドバイスされることが多いと思います。

そのアドバイスをもとに上達に向けて行動を起こすのですが、それを実行できる体の能力がある方と無い方が居るということです。

 

肩甲骨を動かせる?

レッスンしていてよくあるパターンでは、肩甲骨を使って漕ぎましょう!と言われても、そもそも肩甲骨を動かすということが出来る方と出来ない方がいます。

最初からそれが出来る人とできない人だと、同じアドバイスを聞いても出来る人とできない人に分かれてしまうというのは想像できると思います。

これがなかなか海に行けなくても上達する人と、なかなか海に行けないから上達できないという方の差なんです。

 

サーフィン頻度が低い人が陥りがちな罠

海に行く頻度が低い方は特に

  • 疲れやすい
  • 進まない
  • 乗れない
  • 疲労が残る

なんて方が多いのではないでしょうか?

 

そういった方がよく口にする言葉は、普段動いていないから体力がないとか、感覚を忘れてしまうとかそういった類の言葉が多いんです。

この動画の中でも、ショウタローコーチは同じような悩みの方を、

体の動きの改善で修正することが出来た

と言っています。

 

努力をせずにサーフィン初心者が上手くなる?

そういった体力の問題でもなく、頻度の問題でもなく、誰でも簡単にサーフィンの改善が見込める方法というのをこの動画でショウタローコーチが教えてくれています。

どうやるの?

特に頻度が低い人が陥りがちなのは、パドリングがつらいから動けない、動けないから体力も上がらないし、乗れないから楽しくないから動けずに疲れだけがたまっていくという方が多いようです。

 

正しく体を動くようにする

そこで、この動画では

  • 肩甲骨を正しく動きやすくする
  • 足首を柔軟にする

この2つのトレーニングを紹介しています。

 

体を動きやすくするトレーニング

動画後半ではトレーニングを紹介しています。

足首を動かす

椅子に座り、足首を動かしていきます。

これは誰でも簡単にいつでもできますね!

肩甲骨を動かすトレーニング

次は肩甲骨です。

これは、なんと!

先ほどの足首のトレーニングと同時進行で行える目からうろこのトレーニング!

この発想はなかったかも!

と思う方が多いと思います。

この2つを組み合わせた動きをなかなか海に行けないという方に実践してもらったところ、実際の海でもかなり効果が出たということです。

確かにたったこれだけの動きで足首や肩回りはほぐれますし、とくにPC作業や事務的な作業が日々多い方はこの関節のこのような動きですらも、日常的に動かしているというかも少ないので、それは効果は出るのが当然ですね。

 

サーフィンの上達は海に行った時だけじゃない!

これは本当にだれでも簡単に毎日実践できる動きですね。

仕事中のリフレッシュにも、自宅で寝る前にでもいつでも出来ます。

実際にこれをメンバーさんに試してもらったところ、海に行く頻度は変わらずに、見違えるほど方が回り、テイクオフも楽になったということです。

 

海に行く頻度が高い人には、こんな簡単な動きでよくなるはずがないと思うかもしれませんが、海に行く頻度も少なく、普段から動く量も少ない方には目からうろこの改善方法となるでしょう!

ぜひ詳しいやり方は動画から見てみてください。

 

更に詳しいサーフィン上達ノウハウを無料で提供中!

パドリングからテイクオフまでこのアプリ一つですべてわかる!

VSC-TVを今すぐインストールしよう!

↑インストールはコチラから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP