どうも翔太朗です!

今回はパドリングが、今よりもラクに、そして速く漕げるようになるちょっとしたコツを解説していきます!

あなたが今、
一生懸命漕いでいるのに進まない
首や肩がすぐに疲れてしまう
進んでいる気がしない

などの悩みがあるならぜひ参考にしてくださいね!

では早速そのコツを紹介していきます!

そのコツとは、、、

1番最初に肩から動かす

ということです。

 

コレはどういうことかというのをこれから解説をしていきます。

まず、パドリングがなかなか進まない、すぐ疲れてしまうと悩む方で多いパターンというのが、手首や肘から先を1番最初に動かしてしまうパターンです。

このように動かしてしまうと、大きな筋肉を使えなくなってしまうので効率よく漕げなくなってしまいます。

例えば、あなたがボールを遠くに投げようと思ったら、一番最初に肘から先は動かさないと思います。

振りかぶって、肩が動いて肘が出ていって最後に指先が動きますよね。

それとパドリングも同じような感じで、まずは大きな筋肉がある部分、肩から動かしていくことが重要です。

これを意識することでしっかりと大きな筋肉を使って効率よく漕げるようになってきます。

ただし、これをいきなり海でやろうと思ってもなかなかできません。

なので日ごろから、この肩を動かすという練習をしてみてください。

立った状態でいいので、手を前に伸ばし、そこから肩を後ろに引くような感じで動かしましょう。

これに慣れてくるとパドリングの時でもしっかりと肩から動かして漕げるようになりますよ!

こちらの動画でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてくださいね!

 

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP